ひなまつり料理~ちらし寿司じゃないメニューもレパートリーに加えたい | サクラサクサク
本ページにはプロモーションが含まれています

ひなまつり料理~ちらし寿司じゃないメニューもレパートリーに加えたい

生活

ひなまつりには美味しい料理でお祝いしたい。

けど、定番のちらし寿司やお吸い物だけじゃちょっとつまらないし、子どもウケしない…。

そんな悩みを抱える人に、この記事では、ワンパターンにならないためのひなまつり用メニューを紹介します。

簡単に作れて子どもたちも喜ぶひなまつり料理のレパートリーを増やしましょう!

スポンサーリンク

ひなまつり料理 ご飯ものの献立

ちらし寿司じゃありきたりで、子どももあまり食いついてくれない…という皆さんに、「ご飯物」でカラフルな楽しいメニューをご紹介します。

いろいろな形のおにぎり

おにぎりは色も形も具材も自由自在で、無限にバリエーションが広がります。

しかもおにぎりなら子どもに喜ばれる形状やサイズ、食べやすい「ファストフード」です。

おひな様をデザインしたものや、動物や花の形をしたおにぎりも食卓が華やかになっていいですね。

具材には色鮮やかなものを選び、見た目も楽しく食欲をそそる仕上がりにしましょう。

可愛いおにぎりレシピ

コロンと可愛く作る手まり寿司

手まり寿司は、ひな祭りにぴったりの可愛らしい一品です。

おにぎり同様小さくて食べやすいサイズで子どもたちにぴったり!

色とりどりの具材を使って、バラエティ豊かに仕上げましょう。

ひなまつりの食卓に欠かせない要素の「華やかさ」を演出するなら、手まり寿司がベストです。

手まり寿司レシピ例①

手まり寿司レシピ例②

ひなまつりの食卓のメイン料理

ご飯物を決めたら次はメインとなるメニューを用意しましょう。

見た目のカラフル・ポップを追求したメニュー

ひなまつりの時のメニューは比較的魚介類が多く登場します。

普段の食事では肉を好む子ども達が多いかもしれませんね。

しかし、身の色が赤や白の魚、そしてエビやイカなどは、ひなまつりの食卓を彩るには欠かせない食材です。

海の幸を存分に活かしたメニューで食卓を華やかに演出しましょう。

見た目可愛く食べやすいエビの一品

魚介類もふんだんに取り入れたおしゃれメニュー

サイドディッシュもカラフル優先♪

サイドディッシュもひな祭りの食卓を豊かにします。

彩り鮮やかな野菜のマリネや、季節のサラダは見た目にも美しいです。

ひなまつり仕立てのポテトサラダ

また、手でつまんでポイッと食べられる一品もおすすめです。

カラフルかわいいはんぺんのお団子

created by Rinker
¥1,814 (2024/02/28 21:22:20時点 楽天市場調べ-詳細)

ひなまつりを一層華やかにするスイーツ

ひなまつりに欠かせないお菓子も、1つではなく数種類並べられたら可愛く華やかに盛り上げられます。

子どもも大人も喜ぶデザートのアイデアをご紹介します。

彩りを添える伝統的な和菓子

まずはひし餅・ひなあられなど、伝統的な美しい和菓子も用意したいですね。

色とりどりの和菓子はひなまつりの雰囲気を引き立てます。

お菓子を手作りする余裕がある人におすすめのレシピを紹介します。

まずは「”ちょっと違う”ひし餅」。

本来ひし餅は餅米から作りますが、本当のひし餅より柔らかくて食べやすく、時間が経っても固くならない「ひし餅風」のお菓子です。

寒天・イチゴでひし餅風三色かん

イチゴはピューレにするので、生でなくてもジャムで代用可能です

 

いちご大福も意外と簡単に作れるのでチャレンジしてみませんか。

レシピでは白あんですが、もちろん小豆あんでもOK!

白玉粉で20分で作れるいちご大福

created by Rinker
¥560 (2024/02/28 21:22:20時点 楽天市場調べ-詳細)

アイディアは無限!楽しいおいしいスイーツ

ひなまつりのデザートは、和洋のジャンル分けも不要なほどバリエーション豊富になっています。

フルーツを使ったカラフルなスイーツレシピは無限!

ここでもう一品、イチゴを使ったスイーツを紹介します。

所要時間は長めですが、作業工程はほぼ「混ぜるだけ」です。

ピンク色でかわいいイチゴのレアチーズケーキ

☆もっと簡易にするアイディア☆
〈ゼラチンで固めない・ビスケットの土台も作らない〉
=クリームチーズ・いちご・グラニュー糖・ストロベリーパウダー・生クリームを混ぜたらグラスなどに分けて入れる=
スプーンですくって食べるタイプに仕上げます。

 

ちょっとレベル高めだけどおすすめ・時間のある人向けクッキー

キュートな花形クッキーサンド

花の形の抜型を使うなど、手間はかかりますが超可愛く仕上がり、皆に喜ばれるはずです。

「頑張って作ってよかった~」と達成感・満足感を得られること間違いなしです。

まとめ

ひなまつりのごちそう、何作ろう~?と悩んでいた人も、参考になるレシピを見つけられたでしょうか?

皆にとって、特に子どもにとって食べやすく、喜ばれるものが見つかるといいですね。

そして作る人が無理しなくていい、長時間かけなくてもできる、という点も重視してメニューを選んでください。

生活
スポンサーリンク
fukubiskをフォローする
サクラサクサク

コメント

タイトルとURLをコピーしました