ひなまつりの由来や祝い方・楽しみ方・おひな様を飾る時期を知りたい | サクラサクサク
本ページにはプロモーションが含まれています

ひなまつりの由来や祝い方・楽しみ方・おひな様を飾る時期を知りたい

生活

ひなまつりは古くからの日本の伝統行事ですが、今でも受け継がれ、また、年々華やかに進化しています。

この記事では、ひなまつりのお祝いをどのように行うか、ひな人形はいつ出すべきかなど迷っている人に向けてヒントを提供します。

スポンサーリンク

ひなまつりの起源・由来

ひなまつりとは元々、いつ、どのような背景で生まれたのでしょう。

ひなまつりの歴史的背景

ひなまつりは、女の子の健やかな成長と幸福を願う日本の伝統的な行事です。

起源は平安時代にさかのぼり、貴族の子どもたちが人形で遊ぶ「ひな遊び」が始まりとされています。

この行事は、中国の「上巳の節句」から影響を受け、災厄を人形に託して川に流す「流し雛」の風習から発展しました。

江戸時代には、家庭で人形を飾る「飾り雛」の習慣が広まり、現代のひなまつりの形が確立されました。

3月3日には、色とりどりのひな人形を飾り、春の訪れを祝うとともに、女の子の健康と幸せを祈ります。

現代のひなまつりの特徴

現代では、ひなまつりは女の子の成長を祝うのはもちろん、華やかなパーティーの機会にもなっています。

幼少の女の子が可愛く着飾ってお祝いという定番スタイルはもちろん、年齢男女問わずファッショナブルに装って写真を撮るなど、「おひな様」をコンセプトにした盛り上がりも見られます。

料理の面でも、伝統的な和食も大切にしつつ、見た目を可愛くポップにアレンジ料理が増えています。

ひなまつりの祝い方 伝統的スタイルと現代のスタイルを比較

ひなまつりのスタイルは時代と共に大きく変化してきています。

改めて本来の伝統的なお祝いの形も見てみましょう。

伝統的なひなまつりの祝い方

伝統的なひなまつりでは、女の子の健やかな成長を願い、家庭でひな人形を飾ります。

ひな人形は子どもを災厄から守るための象徴とされています。

また、特別な食事として色鮮やかなちらし寿司やはまぐりのお吸い物、ひし餅やひなあられなどが用意されます。

これらの料理には、長寿や幸福を願う意味が込められています。家族が集まり、女の子の成長を祝うことで、家族の絆を深める大切な日となっています。

伝統的なひなまつり料理

伝統的な料理としてはちらし寿司・はまぐりのお吸い物・白酒(甘酒)などがあり、それぞれ女の子の幸せや健康を願う深い意味が込められています。

ひなまつりの「はまぐり」の意味

はまぐりのお吸い物は、夫婦円満や家族の幸せを象徴する料理です。

ひなまつりにおいて「はまぐり」は特別な意味を持ちます。

はまぐりの貝殻は、一対の中でしか完全に合うことがなく、これは夫婦が一生添い遂げることを象徴しています。

そのため、ひなまつりのお祝いにはまぐりのお吸い物が用意され、女の子の将来の幸せな結婚を願う意味が込められています。

お供え物の意味

お供え物の菱餅や白酒・ひなあられなどもそれぞれ特別な意味を持っています。

◆菱餅(ひしもち) 

三層の色を持つ餅で、上から桃色、白、緑の順になっており、芽生えや長寿を意味します。

桃色は魔除け、白は純潔、緑は健康や長寿の象徴です。また、菱餅の形状は、繁栄や成長を意味する菱の実を模しています。

 

◆白酒/甘酒(しろざけ/あまざけ) 

昔からひな祭りに欠かせない縁起の良い飲み物とされ、清浄と祓いの意味を持ち、悪霊を払い、清める力があるとされています。

また、白酒は女性の美しさや純粋さを象徴するとも考えられています。

◆ひなあられ ひなあられは、小さな色とりどりのお菓子で、四季の彩りを表現しています。

ピンク、白、緑の色は、それぞれ春の訪れを象徴する桜、雪、新芽を表しています。これらは季節の変化を祝い、新しい生命の始まりと成長を願う意味が込められています。

 

いずれも女の子の健やかな成長と幸福を願う日本の伝統的な価値観を表しています。

現代風の新しいスタイル

現代ではひなまつりの祝い方は大きく変化し、子どもたちの喜ぶスタイルで行われるようになりました。

現代のひなまつりでは、子どもたちが喜ぶケーキや洋菓子でお祝いするスタイルが増えています。

華やかなちらし寿司もひなまつりのご馳走として定番ですが、従来のシンプルなものでは小さな子どもにあまり喜ばれない傾向にあるようです。

近年は若いお母さんたちの手で大胆なアレンジを施されたりしながら進化を遂げ、子どもウケするちらし寿司がSNSにも多数上げられています。

ひな人形も多様化しています。

日本人形だけでなく、陶器やガラス工芸、ぬいぐるみやキャラクターを使ったものも登場し、コンパクトな形状が好まれているようです。

ひなまつりの飾り付け時期と飾る意味

ひな人形を飾る時期やその意味について確認してみましょう。

飾り付けの時期と準備

ひなまつりの飾り付けは早めにした方が良さそうなのですが、正しい時期などはあるのでしょうか。

一般的には、立春から2月中旬に飾りつけを始めるとされており、特に「正しい」と定められている時期はありません。

立春の日を飾り付けの目途にしておけば行動に移しやすいですし、この日から3月3日まで約1カ月間おひな様を愛でていられることになります。

以上を踏まえて、立春の日に飾り付けを予定しておくといいのではないでしょうか。

飾り付けの種類と意味

ひな人形の飾り付けには、子どもを病や災厄から守るという意味が込められています。

ひな人形は、新郎新婦である内裏雛(だいりびな)や官女(かんにょ)、護衛の随身(ずいじん)など、さまざまな人形で構成されています。

「3月3日の後はすぐにおひな様をしまわなければお嫁に行き遅れる」という迷信はありますが、もちろん根拠のない言い伝えにすぎません。

ただ、おひな様への敬意や感謝の気持ちを示すためにも、お祝いを終えたら何日も放置しないで早めに丁寧に片付けるのがいいでしょう。

まとめ

ひなまつりは子どもの健やかな成長への感謝と願いが込められた、日本の文化や伝統を反映した行事です。

伝統に沿いつつも、より楽しく華やかにアレンジを加えて自分流のひなまつりを楽しんでみましょう。

生活
スポンサーリンク
fukubiskをフォローする
サクラサクサク

コメント

タイトルとURLをコピーしました