「さや香」2022年M1では準優勝!多才な2人は既婚者?素顔や経歴に迫る | サクラサクサク
本ページにはプロモーションが含まれています

「さや香」2022年M1では準優勝!多才な2人は既婚者?素顔や経歴に迫る

エンタメ

さや香は、石井誠一(いしいせいいち)さんと新山士彦(にいやまのりひこ)さんによって2014年に結成された、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビです。

2人ともイケメンとの評判ですが、漫才は顔でするものではないのでそこは置いといて…。

M‐1グランプリには2015年以来毎回参戦し、決勝2位となるなど着実に高い所へと進んでいます。

今回の記事では、さや香のプロフィールやネタの特徴などを探っていきます。

スポンサーリンク

さや香のプロフィールとコンビ結成の背景

2人の経歴、コンビ結成までの経緯などをお伝えします。

石井誠一

石井誠一さんは1988年5月28日生まれ、大阪市出身です。

出身高校は非公表、大学は創価大学。大学卒業後にNSCに入学しています。

ちなみに大学在学中は公務員を目指していました。

身長169cm、血液型は不明。

趣味はダーツ・ボーリング・カラオケ・アニメ・漫画・TVゲームなどです。

学生時代にはダンスサークルに所属しており、今もスキルアップしています。

ヒップホップやジャズなどのジャンルが得意で、自分で振り付けも考えるほどのレベルです。

特技は歌ネタで、相方の新山さんと共にネタに取り入れています。

家族は、奥さんと子どもがいます。

新山士彦:ボケ担当

1991年10月17日生まれ、大阪府東大阪市出身です。

大阪府立高津高校から大阪教育大学へと進学しました。

身長177cm、血液型はB型です。

趣味は映画鑑賞・音楽鑑賞・漫画・スポーツ観戦・けん玉・野球・勉強です。

特技は野球・ダンス・顔マネ・歌ネタなどです。

高校時代は野球部で4番バッターだったというエースでした。

新山さんも既婚者で子どももいます。

コンビ結成とコンビ名の由来

2人とも以前は別のコンビを組んでいました。

新山さんは別のコンビの相方と解散した後、ボケに転向することを決めてツッコミを探していました。

その時石井さんのボケを見て「ツッコミもできそう」と思い、「ツッコミの方、やらへん?」と(言ったかどうかは定かではありませんが)石井さんを誘ったのです。

石井さんもツッコミに転向することを考えていたので快く承諾し、さや香の結成に至りました。

コンビ名は、同期の芸人であるスーパーノヴァの橋本拓也さんが名付けたものです。

「さや香」という名前がひらめいた理由は、ひらがなと漢字一文字による「女の子の名前」のコンビ名は見たことがなかったから、だそうです。

実際に現在ほどメジャーではなかった頃は、「さや香」という名前で女性芸人と思われることが多かったと彼らは言っています。

さや香の漫才 芸風・人気ネタ

さや香の芸風は主にしゃべくり漫才です。

勢いがありテンションの高いしゃべりが持ち味ですが、それだけではなく歌ネタやダンスネタなど、多彩なジャンルのネタを武器としています。

芸風

コンビ名から女性コンビと思われることが多かったため、石井が漫才の冒頭で「石井と新山、男2人で「さや香」と言います~」と説明することがありました。

さや香は、ボケとツッコミの担当があまり明確に分かれていません。

結成以来、新山がボケて石井はツッコミ、とし、このスタイルでM-1グランプリ決勝にも進出していました。

しかし2021年夏頃に新山からの提案で漫才のボケとツッコミを入れ替え、石井がボケで新山がツッコミとなりました。

さらにそれ以降はネタ中にボケとツッコミが入れ替わる事もあり、型破りで何でもこなせる器用な2人のようです。

歌ネタでは、石井さんは主にツッコミ役を担当し新山さんのボケに対応します。

お笑いと音楽の融合を目指したものをメインとし、様々なテーマやキャラクターに合わせて歌詞やメロディーを作り出します。

代表的なネタ

しゃべくり漫才

正統派のしゃべくり漫才で日常の話題や時事ネタを取り上げる。

2022年のM-1では決勝ファイナルで得点1位を取り、準優勝した。

からあげ4

新山が「からあげの文字数はひらがなで3でもなく5でもなく4やから」と言い、石井が言っているからあげを4にするために「か!ら!あ!げ!4!」とずっと叫んでいく。

2021年のM-1敗者復活戦で披露したネタ。

ミラクルショッピング

石井の特技のダンスを活かし、AKB48の「ヘビーローテーション」のダンスを「ミラクルショッピング 〜 ドン・キホーテ のテーマ〜」に乗せて踊る。

歌ネタ

いわゆる「替え歌」で笑いを取る。

歌ネタ王決定戦2020では歌ネタで優勝した。

例えば、ユーミンの「春よ、来い」では「春よ、来い お花見したい でもコロナでできない」と歌った。

ネットフリックス

石井に「ネットフリックスで見たいものは?」と聞かれた新山は「ネットフリックス」と答える。

石井が「ネットフリックスて何?」と聞くと、新山が「ネットフリックスはネットフリックスや!」と言って説明しない。

さや香 賞レースの軌跡と出演番組

さや香は、2015年の初参戦以来、M-1グランプリに毎年挑戦しています。

その他にもお笑いの大会での受賞があり、テレビ・ラジオ出演番組はかなり多数にのぼります。

主な賞レースと受賞歴

さや香のM-1参戦結果

  • 2015年:3回戦進出
  • 2016年:3回戦進出
  • 2017年:決勝7位
  • 2018年:準々決勝進出
  • 2019年:準々決勝進出
  • 2020年:準々決勝進出
  • 2021年:準決勝進出
  • 2022年:決勝2位(ファーストラウンドでは1位通過)
  • 2023年:決勝進出

受賞歴

ABCお笑いグランプリ

年度 結果 備考
2018年(第39回) 決勝進出[16] Aブロック ファーストステージ敗退
2019年(第40回) 決勝進出 Aブロック ファーストステージ敗退
2020年(第41回) 決勝進出[17] Cブロック ファーストステージ敗退
2021年(第42回) 決勝進出 Aブロック ファーストステージ敗退

ytv漫才新人賞

 
年度 結果 備考
2018年(第7回) ROUND3 7位敗退 ROUND2 5位
2019年(第8回) ROUND3 6位敗退 ROUND1 4位
ROUND2 5位
2020年(第9回) ROUND3 3位敗退 ROUND1 7位
ROUND2 8位
2021年(第10回) ROUND2 5位敗退
2022年(第11回) 決定戦 4位 ROUND1 1位通過

その他

  • 2017年 第38回 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 新人漫才福笑大賞
  • 2018年 第6回 歌ネタ王決定戦 決勝進出(6位)
  • 2019年 第49回 NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 2019年 第7回 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2020年 第8回 歌ネタ王決定戦 優勝
  • 2020年 第7回 NHK新人お笑い大賞 決勝進出(準優勝)
  • 2022年 第15回キングオブコント準々決勝進出

 

さや香のテレビ・ラジオ出演番組その他メディアでの活動

テレビ番組

「新しい波24」(フジテレビ 2017年4月 – 9月):波24メンバー

「ガリゲル」(読売テレビ 2018年7月27日 他):ガリゲルファミリー

「マヨなか笑人」(読売テレビ 2018年9月7日 他)  『わざわざリサーチ』のコーナー

「名門!モウカリマッカー学園 〜西梅田校新聞部〜」(テレビ大阪 2019年1月~2020年3月)

「バズ★ナイトナマー!」(毎日放送 2020年5月~12月)

「和牛の以上、現場からお伝えしました。」(関西テレビ 2020年4月~2021年3月):準レギュラー

「バツウケテイナーR」(サンテレビ 2020年4月~2023年6月)

「ちょいバラ『石井ダンサーズのパーフェクトワールド』」(ABCテレビ 2023年6月12日~7月3日)

「せやねん!」(毎日放送 2018年10月6日~2018年11月24日、2019年4月:第2部のみ

「newsおかえり」(朝日放送 2022年4月~):水曜スタジオパネラー

「さや香の違和館ヤバない?」(テレビ大阪 2023年11月4日~)

ラジオ番組

(以下いずれも過去の出演です)

「さや香の強い電波でラジオするねん!」(NHK-FM・大阪局 2020年2月25日~3月6日)

「サヤカノスタジオシー」(エフエムあまがさき 2018年4月~2021年1月)

「『さや香の恋の香り』stand bY(スタンバイ)」(stand.fm 2021年4月)

YouTubeチャンネル

コンビ「さや香」としての公式チャンネル登録はないようです。

「MBS用公式さや香チャンネル」毎日放送の番組でさや香が出演する際に使用するチャンネル。

番組の予告や裏話などを配信。

「さや香石井のがいこつゲーム」さや香の石井さんが自分たちが好きなゲームを実況するチャンネル。

『マリオカート8 デラックス』や『スーパーマリオメーカー2』などの任天堂のゲームをプレイする様子が配信される。

 

さて、2023年のM-1決勝戦では王道のしゃべくり漫才と歌ネタ、どちらで勝負に出るのでしょうか?

ファンならもちろん、特別なファンではなくても、どちらのネタが見られるのか気になりますね。

1stステージを突破し、次の最終ステージではもう一方のジャンルで勝負に出たなら、両方のネタが見られるかもしれませんが…当日に期待です。

エンタメ
スポンサーリンク
fukubiskをフォローする
サクラサクサク

コメント

タイトルとURLをコピーしました