「真空ジェシカ」M-1ファイナリストの経歴・芸風やライブ・出演番組をチェック! | サクラサクサク
本ページにはプロモーションが含まれています

「真空ジェシカ」M-1ファイナリストの経歴・芸風やライブ・出演番組をチェック!

エンタメ

真空ジェシカは、川北茂澄とガクの二人で結成されたお笑いコンビです。

M-1グランプリ2021・2022でファイナリストに名を連ねた、確かな実力を持つお笑いコンビです。

2023年もまた準決勝進出の30組の中に入っています。

川北茂澄はボケとネタ作りを担当し、ツッコミと嘆きを担当するのがガクです。

この笑いの才能の原点はどこにあるのか?

この記事では真空ジェシカの魅力や二人の経歴などを探っていきます。

スポンサーリンク

真空ジェシカのプロフィール 学歴・経歴は

二人の出身地や学歴、経歴を見てみましょう。

川北茂澄の経歴

多彩な才能を持つボケ担当:川北茂澄

川北茂澄は1989年5月23日生まれ、埼玉県出身。実父は、ザイマックスの取締役である川北茂樹です。

埼玉県立川越高等学校を卒業後、慶應義塾大学総合政策学部に進学。

大学在学中にはお笑いサークル「慶應義塾大学お笑い道場」に参加し、お笑いへの情熱を燃やしていました。

趣味と特技は非常に多岐にわたり、野球観戦(特に埼玉西武ライオンズのファン)、日本習字(八段)、剣道(三段)、そして「ぷよぷよ」の腕前は特筆すべきです。

お笑いへの取り組みは、単なる舞台上のパフォーマンスにとどまらず、ピンでのパフォーマンス時には変装を好むなど、その活動は多面的です。

ガクの経歴

青山学院大学出身のツッコミ担当:ガク

1990年12月3日神奈川県生まれ。本名は川俣岳。

2020年8月8日に現在の芸名に改名しました。

青山学院中等部・高等部を経て、青山学院大学経営学部を卒業。

トレードマークは金髪のマッシュルームカットと丸眼鏡で、眼鏡は5万円のものを愛用しています。以前は眼鏡屋への就職を考えていたこともあったそうです。

2023年2月に『相席食堂』のロケで角刈りにして以来、テレビ出演時はマッシュルームカットのカツラを使用していましたが、髪が伸びたため、2023年8月頃からはカツラを使わなくなりました。

元々は裏方を志望しており、大学2年生の時にはよしもとクリエイティブカレッジ(YCC)の総合コースに通っていましたが、高校時代にテレビでマヂカルラブリーのネタを見て影響を受けたことをきっかけに芸人を志しました。

大学時代には就職活動での失敗を経験し、そのタイミングで人力舎からの声がかかり、芸人への道を歩むことになりました。

趣味は漫画(一般向け・成人向け)、妖怪に関する知識が豊富です。
乃木坂46の熱狂的なファンで、特に久保史緒里を応援しているとのことです。

ストレッチーズの高木貫太と長年ルームシェアをしています。

二人の出会いからコンビ結成まで

二人は、大学のお笑いサークルで出会い、2011年に正式にコンビを結成しました。

当初は別々のグループで活動していた二人ですが、2012年5月に真空ジェシカとして新たなスタートを切りました。

ライブ・テレビ・ラジオで人気上昇!

人力舎主催の若手ライブ「バカ爆走!」や「どっきん!」に参加し、その才能を発揮。さらに自主ライブ「寄席崎心中」や「喫漫」を定期的に開催し、ファンとの交流を深めています。

また、テレビ朝日の「ジェシカ美術部」とTBSラジオの「真空ジェシカのラジオ父ちゃん」にて、初の冠番組を担当しており、テレビやラジオでもその才能を発揮しています。

真空ジェシカの独創的な世界

真空ジェシカの魅力は、日常の不条理や社会の矛盾などを主なテーマとし、フリップを使った斬新でブラックユーモア溢れるネタで笑いへと展開させるスタイルです。

フリップを駆使した斬新な笑い

真空ジェシカはフリップを用いたネタで知られており、そのスタイルは独創的でブラックな笑いを提供します。

フリップボードを用いて、言葉や絵を次々と提示することで、オチやボケを独自の方法で展開します。

彼らのネタには、ネタ本やネタ見せ、さらには卒論や作家の悪口など、様々なテーマが取り入れられています。

観客や審査員を驚かせ、笑わせるフリップの内容は、ブラックなユーモアが特徴です。

2021年M-1グランプリのパフォーマンスでは、フリップボードを使って自身のネタの内容や特徴を独自のスタイルで紹介し、観客の期待を裏切るサプライズで会場は笑いの渦に包まれました。

川北とガクの絶妙コンビネーション

このコンビの魅力は、川北茂澄のネタ作りとガクのツッコミにあります。

川北は、自分が面白いと思うことを書き、その感性と発想力をネタ作りに活かしています。

自身の趣味や関心事をネタに取り入れ、それをフリップにまとめてガクの反応を見ながら、内容を練り上げます。

一方、ガクのツッコミは川北のボケへの嘆きや苦痛を吐き出して、観客の共感や安心感、そしてそこから来る笑いを得ています。

ガクの「死にたい」「やめてください」などのセリフは、川北のブラックなボケと絶妙に絡み合うところがツボです。

日常と社会の矛盾を描くネタ

真空ジェシカのネタのテーマは日常の不条理や社会の矛盾に焦点を当てています。

川北は、『ぷよぷよ』や『ジョジョの奇妙な冒険』といったゲームや漫画の世界、文学や学問の世界と現実のギャップをユーモラスに描きます。

彼らのネタは、これらのテーマをフリップを使ってブラックユーモアで表現し、観客を笑わせると同時に、社会に対するメッセージや問題提起を行っています。

真空ジェシカのライブを観るには?チケットの予約先

真空ジェシカが精力的に出演しているライブ情報です。

真空ジェシカの魅力を存分に味わえる自主ライブ

お笑いファン必見のイベント、真空ジェシカの自主ライブは、その独創性とブラックユーモアで盛り上がります。

「寄席崎心中」や「喫漫」が真空ジェシカ独自の鉄板ネタです。

「寄席崎心中」では、古典的な寄席スタイルでネタを展開し、「喫漫」では漫才にフォーカスしたパフォーマンスを披露します。

ゲスト芸人を招くこともあり、ライブならではの彼らの幅広いネタの世界観を楽しめます。

これらのライブの情報は公式サイトやXで随時更新、チケット予約もそこから可能です。

人力舎のライブにも登場!若手芸人の実力を見るチャンス

真空ジェシカは人力舎の若手ライブ「バカ爆走!」や「どっきん!」にも出演しています。

ここでも、他の若手芸人との掛け合いやコラボネタなどレアなネタが見られます。

「バカ爆走!」は新宿Fu-での月例イベントで、新進気鋭の芸人たちが熱いパフォーマンスを繰り広げます。

また、「どっきん!」ではルミネtheよしもとを舞台に、若手芸人たちが自身の才能を競い合います。これらのライブは、人力舎の芸人たちの多様な魅力を目の当たりにできる貴重な機会です。

ライブの日程や会場情報、チケット予約は、公式サイトやXで簡単にアクセス可能です。

真空ジェシカのテレビ出演は?主な番組や見どころ

真空ジェシカは多数のテレビ番組に出演し、フリップを使った独創的でブラックなネタや他の芸人との掛け合い、コラボネタなどで沸かせています。

真空ジェシカの冠番組「ジェシカ美術部」

真空ジェシカの初の冠番組「ジェシカ美術部(毎週火曜  深夜2時47分~3時4分 テレビ朝日)」では、彼らの芸術的な一面が垣間見えます。

この番組では、真空ジェシカが他の芸人たちが描いた絵を鑑賞し、独特なコメントを加えます。特に、フリップに描いた自作の絵を通じて、他の芸人の作品と比較するセグメントは見どころです。

真空ジェシカの絵は、そのブラックユーモアと独創性で視聴者を魅了します。

「相席食堂」での個性的なルックスとコミカルな交流

「相席食堂(毎週火曜 午後11時17分~0時17分 テレビ朝日)」では、真空ジェシカが一般の女性との交流を通じて特有のユーモアを披露します。

一般の女性や他の芸人との予測不可能掛け合いが見どころです。

特に、ガクが角刈りになったエピソードやマッシュルームカットのカツラを着用するシーンでは、彼らのコメディセンスを存分に発揮しています。

「ゴッドタン」でのヤバい芸人部門ランクイン

「ゴッドタン(不定期放送 テレビ東京)」では、真空ジェシカのユーモアと個性を存分に生かしたパフォーマンスにも注目です。

特に「ヤバい芸人部門」では、彼らのブラックユーモアと独創性が際立っており、作家の悪口や卒論をフリップに書くなど尖ったエピソードやネタでウケを取っています。

 

既にお笑い芸人としての知名度はかなり高く、その地位も確立されていると思われる真空ジェシカですが、2023年M-1の舞台に立ち、さらなる高みへ到達できるのか、楽しみに待ちたいと思います。

エンタメ
スポンサーリンク
fukubiskをフォローする
サクラサクサク

コメント

タイトルとURLをコピーしました